目を安静に保つ試み方

角膜潰瘍は、目を擦ったり、コンタクトレンズをつけたり、はずすときに手が触れたりして、そこからウイルスが繁殖して起こったりします。そうなると、痛みや充血、腫れなど様々な症状を起こします。
そんなときには、どんな治療を行うのでしょうか。

角膜潰瘍の治療法とは

角膜潰瘍の治療法としては、ウイルスにたいする薬を通常は点眼や軟膏、内服などで対処します。ときには、注射する何て、方法がとられることもあります。

他には炎症の場合には、炎症を改善する薬を点眼したり、難航で対処することとなります。
ところが症状がかなり悪化したケースについては角膜移植と手術をすることもあります。そうなると、目の負担やまた費用の負担も大きくなってしまいます。最初ならば点眼や軟膏で済ませられるので、早めの受診が必要です。また失明の恐れもありますので、注意が必要です。

処方された薬での注意

薬が処方された場合、きちんと使い方について説明を受けるようにしましょう。複数の薬が処方された場合には特にです。というのも、薬の順番がありそれを守らないと効果が薄れるかもしれないからです。細菌に効く薬を先にして、それから炎症に効く薬をするなど、順番があるのでしっかりとそれを守るようにしましょう。

あと、保管方法も薬によっては常温や冷蔵庫での保管と別れています。薬の持ちにも関係しますし、また効果を出すためにも保管方法についても聞いておきましょう。あと保管については、薬によっては開封してから一週間以内に使いきることなど、条件があるものもあります。その場合、過ぎたら逆に余っていても使ってはいけません。使用期限についてもしっかりと守るようにしましょう。

点眼についてですが、1日に大体3~4回点眼をすることがほとんどです。複数の薬が処方された場合には、点眼をしてから5分くらい間を空けてから、点眼をすることとなります。間を空けないとやはり副作用があるかもしれませんので、点眼の間隔にも気をつけましょう。

薬を使用している期間は、コンタクトレンズの使用はやめるようにしましょう。点眼をしていても、コンタクトレンズによりなかなか傷がなおりにくくなってしまったり、また炎症が収まらないことも出てきます。点眼をしながら、目を安静に保つためにも裸眼で過ごすようにしましょう。

あとは、きちんと決められた回数を点眼をすることです。ついつい目薬は忘れがちですので、気をつけましょう。それが早く角膜潰瘍を治すことになるのです。