コンタクトレンズが引き金となる場合

コンタクトレンズを使用するという人は、ますます増えてきそうです。以前とちがって安い値段で購入できますし、ワンデーといったタイプもでてきて、手入れの面倒もなく利用することができます。

さらにカラーコンタクトレンズも当たり前のようなファッションでも使っていますし、目が大きく見えるタイプのコンタクトレンズの登場など、視力矯正以外にもその用途や意義を大きく広げているのです。

コンタクトレンズが目の病気を引き起こす

そんな視力矯正にもファッションでも大切になっているコンタクトレンズですが、そのコンタクトレンズが残念ながら目の病気の引き金になっているケースも増えています。今だと、コンタクトレンズが原因で何かしらの病気を起こす件数も年々増えており、どうやって防ぐかも1つの課題かもしれません。

そんなコンタクトレンズが引き起こす病気に角膜潰瘍があります。

角膜潰瘍は、角膜に炎症を起こしたり、傷ついたりすることで目の痛みや充血、かすみ目、白い濁りなどの症状が発症するのです。
これが起こる理由としてはコンタクトレンズの着け外しで、目に指が触れてしまい、その指についていた細菌やウイルスが目に着いてしまい、そこから傷口に入ったりして目に炎症などを起こすのです。

コンタクトレンズをしているだけでも細かな傷が角膜につきやすいので、さらにそこから細菌やウイルスが入りやすくなってしまうのです。コンタクトレンズをしているだけでも、実は何かしらの病気のリスクは高まっているのです。
あとコンタクトレンズを着けたまま眠ることで涙も不足したり、細菌やウイルスが繁殖しやすくなるなどして、角膜潰瘍を引き起こしてしまうのです。

あと、これと似たようなものとしては、きちんと洗浄して保管をしていないことでコンタクトレンズに細菌やウイルスが付着していて、それがコンタクトレンズを目に入れたときに、細菌やウイルスも入ることになるのです。
また、ワンデーのはずが何日も使っていると動揺のことが起こります。

コンタクトレンズのつけ外しをするときには、事前に手を洗っておくこと、またコンタクトレンズを着けたまま眠らないこと、他にもワンデーなど期限のあるものはしっかりとそれを守ることなどです。あとは少しでもコンタクトレンズの装着時間を減らして、目の負担やリスクを減らすことです。

コンタクトレンズを使うときには、こうしたことを意識して、角膜潰瘍などの病気から目を守っていきましょう。これらができないときには、無理せずにメガネを使うことも考えてみてもいいでしょう。